芸能人に依頼して広告効果アップ【世間の声をリサーチする】

押さえておきたいこと

ステージ

ちょっとしたコツ

タレントオーディションを受けるなら、明確にしておきたいことがあります。まず、自分はどのようなタレントになりたいのかという点です。演技ができる、歌を歌う、あるいはバラエティーで活躍したいなどです。これらを決めておくだけで、どの芸能事務所が主催しているオーディションに応募すれば良いのか決めやすくなります。また、オーディションを行なっている芸能事務所の人員を見ておくというのも良い方法です。例えばタレント一人に対して、スタッフが最低でも一人はついてくれるといった芸能事務所であれば、きめ細やかな対応を期待できます。加えて専属のマネージャーがいるなら、仕事を回してもらいやすくなるため、そのような芸能事務所がオーディションを行なっているなら、ぜひとも参加しておきたいものです。応募の仕方ですが、これは芸能事務所によって異なるため、それぞれのオーディションの応募要項に従います。ただ、どこでも共通しているのが、履歴書を送るということです。胸より上を撮影した、いわゆるバストショットと、全身写真が必要です。それから身長と体重、スリーサイズを聞かれます。芸能事務所が求めるタレントなのかを知るために必要なので、事前に測っておきましょう。未成年の場合は、親の承諾がないと審査に通らないので気をつけたいです。もしもレッスンを受けている、または何かしらの舞台や番組に出演した経験があるなら、絶好のアピールになるので、記入しておくと良いです。

おすすめ記事一覧

面接

注目される有名人に

テレビや雑誌などで活躍したい、と考えてタレント募集のオーディションに参加する人も少なくありません。募集のときには応募要項をチェックしたり、オーディションに参加した人やエキストラと交流を深めるといったコツコツとした努力も必要になるでしょう。

詳しく見る

赤ちゃん

可愛い我が子のデビュー

愛らしい赤ちゃんモデルを見て「自分の子もデビューさせてみたい」と思うのは親心として当然かもしれません。オーディションは広く開催されており、月齢や性別によって応募できるかどうかが異なるため、こまめに情報をチェックしておいたほうが良いでしょう。

詳しく見る

女性

キャスティング費用の目安

企業や商品の知名度やイメージを向上させるために、芸能人を広告塔にキャスティングする手法は良く行われています。芸能人に依頼する場合の費用は、一般的に50万円から200万円くらいが目安となります。また依頼する時期や契約期間などによって金額は変動します。

詳しく見る